> キャッシングの本審査と仮審査の違いについて

キャッシングの本審査と仮審査の違いについて

キャッシングで融資を受けるためには、審査に通過をしなければなりません。
失敗しない人がキャッシング申込み前にしておくことである程度申込前にすべきことに納得した後
すぐに借り入れが可能かというとそうではありません。当然消費者金融側にも貸したくない人もいるわけです。ただ、一人ひとり事細かく審査をしていては業務が回りませんので審査には、仮審査と本審査があり、それぞれに違いがあります。 まず、仮審査ですが、こちらは、キャッシングを申し込んだ時に、
最初に行われる審査になります。

仮審査

こちらでは、申込み者の名前、住所や勤め先、勤続年数等の個人情報から、
融資を実行する事が可能かどうか、また、いくらまでの融資が可能かを判断します。
主にコンピューターでの審査になります。
コンピューターは、既婚か未婚か、勤続年数、他社からの借り入れのデータを
基に素早い審査を行います。

本審査

仮審査を通過すると、次は本審査になります。キャッシングで仮審査に落ちるというのは普通の社員さんなどではそうそうないかと思われますが住宅ローンなど高額の場合は仮審査だめだったーという嘆きはネットでもよく見かけます。
さて仮審査に無事通過したあと本審査。こちらでは、実際に人間が審査をします。
記載事項に誤り、虚偽がないかを調査したり、記載のあった会社に在籍をしているかを裏付け調査をします。
人間の手で行われるので、仮審査の時よりも厳しくなります。
ここで誤りがあれば修正されますが、他社の借り入れがあるのにないと記載していたり、
年収や勤続年数にうその記載があると、審査に通らない事があります。
キャッシングは借り手の信用が第一です。
申し込み者が、無事に返済をできる能力があるかどうかを厳しく審査します。

スコアリング審査

また、スコアリング審査も、こちらで行われます。
スコアリングは、既婚か未婚か、持ち家か借家かなどといった、
その人の属性をスコア化して、融資が可能かどうかを判断するシステムです。
スコアリングの点数が高いほど、希望通りの融資が可能になります。
そして、この両方の審査にクリアすると、キャッシングの融資を受けることができるのです。

キャッシングコンテンツ

キャッシング審査